はじめてのSEO

【SEO】2019年9月のGoogleコアアップデートを分析してみた。

こんにちは、ナカイです。
最近オンラインサロンに入って改めてSEOやWEB集客の勉強をしています。

先日下記のツイートをしました。

検索エンジンGoogleが2019年の9月末にコアアルゴリズムのアップデートを行いました。略して「コアアップデート」「コアアプデ」と呼ばれています。

このアップデートの内容はGoogleウェブマスター向け公式ブログにまとめられているのですが、正直曖昧な表現も多く、SEOのプロでもない限り具体的に何をしたらいいのかよくわかりませんでした。

そこで、この記事ではGoogleが発表した内容とTwitterで情報発信しているプロSEOマーケターの方々のツイートを突き合わせながら、今回のコアアプデについて自分なりに分析してみました。

※Twitterに流れている情報をまとめたような内容なので日頃から情報収集している方にとっては既出の内容ばかりだと思います。

順位が下がったら修正は必須


もし今回のコアアップデートであなたのサイトの検索順位が下がったのであれば、何かしらの修正が必要なようです。ただし、必ずしも記事そのものに問題があるとは限りません。

Googleはこう言っています。

一部のサイトでは、コア アップデート後に掲載順位が下がったり、逆に上がったりすることがあります。掲載順位が下がった場合はサイトを修正しようと思うかもしれませんが、間違った修正を行わないように注意してください。場合によっては、まったく修正の必要がないこともあります。(Googleウェブマスター向け公式ブログより)

そもそも今回のアップデートで自分のサイトの検索順位が下がった場合、修正するべきなのか様子見でいいのか、という疑問を持つ人もいたみたいです。

解釈の仕方によっては「今回の順位変動を受けたからって無理に修正しなくてもいいよ」という風にも読み取れますもんね。

僕もちょっと不安になりましたが、これについてはGoogleのエバンジェリスト金谷さんが下記のようにツイートしてくれています。

お返事ありがとうございます。なるほど。ここで細かく説明するのは控えますが、その記事の全体のメッセージは改善することを止めているわけではなく、改善すべきかどうか、また、改善する際の指針のようなものを例示しています。修正するべきではない、というメッセージではありませんので。

つまり、Googleとしては「今回のコアアプデは様々なモノサシで行われているので、たとえ順位が下がったとしても修正が必要ない部分もあるので気をつけてね」ということみたいです。

下がった場合は何かしらのモノサシで悪い評価を受けているということなので、その部分を見つけて改善することは必須ということですね!

記事のリライトが大事


Googleは検索エンジンで上位表示したければ記事の情報を最新に保つことが大事だと言っています。例えば情報が古い記事をアップデートすることで、下がった順位が回復するかもしれません。

Googleはこう言っています。

コア アップデートの影響を理解するには、例えば 2015 年に作成した映画トップ 100 のリストを想像してみるのがよいでしょう。2015 年からしばらくたった 2019 年では、リストを更新する必要があります。リストが変更されることは自然なことです。以前は存在しなかった新しい素晴らしい映画がいくつかトップ 100 に加わるかもしれません。評価が見直され、以前よりも高い順位にランクインする映画もあるかもしれません。(Googleウェブマスター向け公式ブログより)

記事をリライトしましょうということですね。

僕もGoogleで検索エンジンで調べるとき「期間指定」をして新しい情報を手に入れようとすることが増えました。

ネット上のコンテンツが増え続けているということは、古い情報も増え続けているということです。上位表示に情報のアップデートは必須だよということでしょう。

Googleは検索結果の変更を映画に例えて説明している?

上記の一文のあと、Googleは下記のように続けています。

リストが更新され、以前は高い位置にランクインしていた映画のランクが下がったとしても、その映画が悪いわけではありません。それは単に、その映画よりも高い評価を得た映画があったというだけのことです。

この文章にちょっとひっかかりました。「なんでGoogleはわざわざこれに言及したんだろう」と。

コアアップデートの影響について、記事のアップデートが重要であるということを説明したいだけであれば、この一文は必要ない気がしました。

にも関わらず、Googleが映画の良し悪しに言及したのはなぜか。

これはあくまで僕の解釈ですが、Googleは自分たちの検索結果について映画に例えてウェブマスターに伝えているのかなと。

「検索順位は相対評価。お主が弱くなったのではない。お主を超える猛者が現れた、ただそれだけのことじゃ」

このように解釈しました。

ナカイ
ナカイ
「Googleっち煽るねぇ~」と思いました

Googleが評価する記事とは


Googleは今回のコアアプデに関して、コンテンツ内容についてたくさん言及しています。

一次情報の評価を上げて、煽りタイトルの評価を下げる

まずはコンテンツの品質に関する話です。

クリックすると拡大できます

「独自の情報」
「洞察に富んだ分析」
「興味深い情報」
「付加価値」
「オリジナリティ」

まずこのあたりですね。これはライバルサイトをリライトしただけの二次創作コンテンツを排除したいということなのかなと思いました。

次に、見出しやページタイトルについてもかなり突っ込んで言及しています。

日本では拡散力のあるTwitterのシェアが高いですが、この拡散力の期待値を最大化する方法として「記事のタイトルを刺激的なものにする」というのがありました。

Twitterで拡散されるとアクセスが加速度的に集まります。これを利用して、タイトルを刺激的にしてクリック率を高める記事が量産されました。信憑性のない誤情報が拡散されることにも拍車をかけました。

Googleは本格的にこの問題について対策し始めたということなんだと思います。

専門家を優遇します

次にコンテンツの専門性に関する話です。

クリックすると拡大できます

これは以前から言われているYMYLやサイテーションの影響範囲が拡大したものだと解釈しています。

企業が運営するオウンドメディアが増えていますが、専門家が直接ライターをしているメディア、専門家が監修されているメディアなどがあります。

Googleの目指す方向性を考えると、今後は専門家が直接書いているメディアと監修系のメディアでも評価に差が広がっていくような気がします。

さらにサイテーションを意識して指名検索を増やす施策も必要ですし、オウンドメディアの運営コストはさらに上がりそうですね。

ちなみに個人ブログという分野に関して言うと、専門知識を持っている人は有利になりますよね。

趣味の分野もちろん、本業で得た専門知識を副業ブログでアウトプットして収益化できる個人は増えてきそうです。

新しいWordPressテーマの販売を始めたマナブログの狙いはサイテーション?

マナブログとは、インフルエンサーブロガーのマナブさんが運営している個人ブログです。

マナブさんは今回のコアアプデに対する対策の多くを公開されているので分析の参考にさせていただいています。

マナブログはWordPressで作られたブログですが、先日マナブログで使われているテーマの販売が開始されました。

よし、マナブログのコピーテーマ完成です😌
明日くらいから販売します。僕のブログの内部構造なども公開した上で、WordPressの適切なセットアップも解説します。Googleに好まれるWordPressテーマとなっております

🔽Manablog Copy|SEOと読みやすさを追求したテーマhttps://t.co/yQ9Npt7Wae

このWordPressテーマの販売に関して気になることがあります。

なぜ既にマナブログで販売しているテーマ「Minimal」のシリーズとして販売しなかったのか

マナブログはMinimalベースに作られたテーマだと思われます。普通に考えるとMinimalの系譜として今回のテーマで販売してもそこまで違和感はなさそうです。

これはあくまで仮説ですが、マナブさんはサイテーションを意識してテーマ名に「Manablog」を入れたかったのではないでしょうか?

テーマが普及すれば第三者による解説記事なども増えますし、マナブログに関する言及がネット上に増えますよね。

ライターに記事を大量に書かせたり、記事内に広告を入れまくるのはダメ

次にコンテンツの制作や見せ方に関する話です。

クリックすると拡大できます

現在クラウドワークスやランサーズなどの大手クラウドソーシングサイトでも、大量のライターが募集されています。

Googleは「何を書いたか」よりも「誰が書いたか」を重視するという方針なので、今後はよりライターの淘汰が起こり、副業ライターは劇的に減るかもしれませんね。

また、そのサイトの記事の質の担保についても言及しているように見えます。記事数よりも低品質の記事は削除して、サイト全体の品質スコアの維持がより重要になると考えられます。

ナカイ
ナカイ
副業ライターが減って自分で副業ブログを立ち上げる個人が増えていくかもですね

記事内のアドセンス広告を外したマナブログ

先日、マナブログの記事内アドセンス広告が全て消えました。

よし、決めた😌
Googleの「SEOアプデの詳細」を確認したのですが、僕の判断で「記事内のアドセンスは削除する」という方針にします。
ぶっちゃけ「月20万円」の収益源なので、決断を5秒だけ迷いました。しかし、本日より削除済みです。損して得を取れの戦略です

マナブさんはGoogleの方針を受けて記事内のアドセンス広告を削除したと言っています。

今後マナブログの検索順位の推移は興味深く観察していきたいと思います。

ライバルサイトが長文なら文字数は増やせ、サジェスト網羅記事は作るな

次にライバルサイトとの比較に関する話です。

クリックすると拡大できます

最初の方でも言いましたが、Googleは検索順位が相対評価であることを強調しています。つまり、そのキーワードでの上位表示についてはライバルサイトの品質を上回ることを意識する必要があります。

ライバルサイトの強さで上位表示するために必要な品質が変わるということなので、例えば上位表示しているライバルサイトが長文であれば相応の情報量が必要だし、書いている内容の独自性やオリジナリティが重視されるということだと思います。

また、だからといって検索エンジンだけを意識した、例えばサジェストキーワードを網羅したような長文記事は淘汰されるよ、というのが2つ目の項目の話だと思います。

とはいえ、ドメイン力が強いからか、いまだに上記のような検索エンジンを狙ったような記事が上位表示されてるのも事実。悩ましいところです。

とにかく専門家が評価される時代へ


「品質評価ガイドラインとE-A-Tについて」という項目で、Googleは今回の評価軸を意識して書かれた事業者のオススメ記事を紹介しています。

クリックすると拡大できます

紹介されている記事を見てみると、サイト内にいわゆる「ネット広告」が一切ありません。

「ウェブサイトは元々本業を宣伝するためのものだろ?だったら広告貼る必要ないじゃんねぇ(笑)」

と言わんばかりです。

Googleは本業至上主義?

Twitterでも「Googleはアフィリエイターを排除したくてしょうがない」といったような意見があり、サイトでの広告収入をメインとしている事業者や個人は苦戦を強いられているようです。

今回のアップデートで企業ドメインがさらに強くなったと言われていますが、この根っこには本業至上主義の思想があるからなのではと思いました。

逆に言うと、本業とは関係ない広告収入ありきのオウンドメディアはいくらドメインが強くても淘汰されていくのではないかなと思いました。

検索順位・アクセスを戻す方法


最後に、Googleは検索順位を回復する方法についても言及しています。

ざっくりまとめると、

  • 基本は次の大規模コアアップデートのタイミングで回復する可能性があるよ
  • アナウンスしない小規模なアップデートは継続してやってるからそのタイミングでも回復する可能性はあるよ
  • Googleは常にアルゴリズムを改善してるから何もしなくても回復する可能性もあるよ

とのことです。

今年に入ってコアアップデートは3月、6月、9月と実施されてますから、法則性があるとしたら次回は12月の可能性が高いですよね。

それまでに今回のガイドラインを読み込み、サイトを改善していく必要がありそうです。

Twitterでもリライトをして順位が改善したという報告も見かけますので、Googleは現在も引き続き小規模なアップデートを行っているっぽいですからね。

Google砲を利用するのも一手

今回のコアアップデートを受けて注目されているのがGoogle砲です。

Google砲とは簡単に言うと「Googleにおすすめ記事として紹介されて一時的にアクセスが倍増する現象」のことです。正式名称は「Google Discover」です。

Google砲はラッキーパンチのような印象があったのですが、意図的に狙っている人もいます。下記のツイートが参考になりました。

また、Google自身も下記のように言っています。

コアアップデートはGoogle Discover に影響する場合もあります。(Googleウェブマスター向け公式ブログより)

つまり、今回のコアアップデートに対する改善施策をすること自体がGoogle砲を狙う施策に繋がるということですね。

コアアプデ後、Google砲を何度ももらっているマナブログ

マナブログはコアアプデ以降、Google砲を何度も受け取っています。

またもや、Google砲を被弾😌

マナブさんのツイートはコアアップデート以降、少しコンセプトが変わっているように見えます。

具体的に言うと「SEOに関するツイートが増えた」です。

どの記事がGoogle砲をもらっているのか、以前からGoogle砲をもらっていたけど最近ツイートするようになっただけなのか、色々可能性があるので断定はできませんが、マナブさんはSEOという「専門性」「権威性」を増やすツイートを増やすことで、GoogleからSEOの専門家としての評価が高まっているのではないかなと思いました。

その結果Google砲が増えていると。

まとめ


今回のコアアップデートに対するサイト改善施策案をまとめると下記のようになります。(ナカイ個人の見解も含まれています)

  1. 情報が古くなった記事はリライトする
  2. ライバルサイトよりも良い記事を書く
  3. 一次情報やオリジナリティのある記事を書く
  4. 記事量産よりもすべての記事を高品質に維持するサイトを目指す
  5. その分野の専門家になる
  6. 収益化の出口を広告ではなく本業の割合を増やす
  7. Googleも日々改善してっからお互い切磋琢磨しようぜ

今までブログやアフィリエイトビジネスの考え方として「記事は一度書けばストック型の資産になる」というのがありました。

しかし、Googleの大規模アップデートの頻度やリライトの重要性が増している現在の状況を考えると、ストック型ビジネスであるという考え方を少し変える必要があるかもしれません。

僕も引き続き小さな会社や個人のインターネットビジネスとの付き合い方について継続的に考えていきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。